FC2ブログ

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会陰は仙髄部によって支配される

会陰, 尾骨筋, 梨状筋, 陰部神経, 骨盤 女性のリハビリテーション研究会

男女ともに、会陰の皮膚(皮膚分節)は仙髄のS3〜S5からの神経によって支配されています。ただし、会陰の前部は腹壁を支配するL1によって支配されます。外肛門括約筋と外尿道括約筋を含む、会陰と骨盤底にある大部分の骨格は、S2〜S4の神経によって支配されます。 会陰の体性運動性及び感覚神経支配の多くは、S2〜S4に由来する陰部神経によって行われています。 陰部神経は上記の通り、会陰の主要な神経であり、その走行は骨盤の坐骨棘と密接に関わっています。


骨盤の坐骨棘あたりは私にとってドライオーガズムへの発火点になっている。陰部神経が関わっているのなら当然なのだろう。

陰部神経は、大坐骨孔を通って骨盤腔の外に出た後、すぐに坐骨棘を周り、小坐骨孔を通って骨盤底の下方で会陰に入ります。坐骨棘は、女性では経膣的に触診することができ、陰部神経ブロックを行う際の目印ともなります。この辺りには尾骨筋や肛門挙筋、梨状筋なども走行していますので、これらの筋肉の伸張性が低下していたり骨盤のアライメント不良が生じていた場合、陰部神経にも影響を及ぼすことが考えられます。外尿道括約筋も陰部神経によって支配されているため、膀胱に機能にも不安のある方はこの辺りの影響も無視できませんね。


陰部神経が会陰に入り前立腺に影響を与える肛門挙筋、左右に広がる尾骨筋。そこで会陰を刺激するとドライオーガズムが発動し易くなるのは理解できる。また梨状筋は坐骨神経へと伝わり足の方へ快楽が広がり痙攣の助けとなるのかも。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

«  | ホーム |  »

リンク

プロフィール

なお

Author:なお
ドライオーガズムになかなかイケないあなたへ。丁寧にコーチングします。詳しく下のコーチングへ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

コーチング (1)
前立腺 (20)
アナル (7)
骨盤底 (7)
骨盤底筋群 (4)
会陰 (2)
エネマグラ (1)
ドライオーガズム (6)
痙攣 (3)
はじめに (1)
表 (0)
未分類 (0)
整体 (2)
乳首 (3)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。